『動機づけを高める英語指導ストラテジー35』を読んで,など。

こんばんは。

今日は振替休日だったので細々したことを終わらせて,先週くらいから読み始めた『動機づけを高める英語指導ストラテジー35 (2005)http://p.tl/jB4F』をやっと読み終えました。Dörnyei (2001) “Motivational Strategies in the Language Classroom“の訳本です。院生時代に原本を読んではいましたが,実際教員になってみて生徒のモチベーションの問題は大きいと感じ,この本を読み始めました。

 

本の構成としてはまず動機づけ理論が紹介され,その後学習環境についてや学習開始時の動機づけ,動機づけの維持の仕方,自己評価の促進方法といった各章で様々なストラテジー(日本語にするとしたら,手立て?)が紹介されています。最後にストラテジーのチェック表や訳者の方の補遺である実践事例が載っていて,授業改善に役立てやすい工夫もされていると思います。(文は自然とは言えませんが,訳本の性質と思えば…)

 

生徒のやる気の無さに悩んで読んだ本ですが,新しい発見に加えて,自分は生徒のモチベーションをあげる努力をしている「つもり」にすぎなかったなぁと反省するよい機会になりました。

 

この本で1番ガツンときたのは「時として最も効果的な動機づけのための処置は,単に指導の質を改善することである」(p.27)という言葉です。わからない→やる気が出ない,って当たり前のようですが,「生徒のやる気が無い!」と嘆くセンセイ方の多くにこの視点が欠如している気がします。私も授業が下手で,わかりやすい指導が出来なくていつも不甲斐ないです。(「先生頑張ってるのが伝わるよ」と複数回別の生徒から言われたけど,それって上手くはないけど頑張ってるってことですよね…)

 

隣の席の物理の先生がとっても授業上手で,楽しそうに授業を受けている生徒の話を聞くと羨ましくなります。理系科目と違って明確に「わかった!」という感覚を味わいにくい英語という科目の特性について思うところもあるのですが,これはまた後日。

 

他にも結束的な学習集団を作り出すための要因(p.50〜)や集団規範の作り方(p.52〜)は,英語の授業のみならずクラス運営にも役立つと思います。

 

 

「英語って楽しい!」という気持ちで積極的に勉強に臨んでくれれば理想的ですが,実際そうもいきません。私の教え子もほとんどは「テストのために」勉強しているでしょう。そうなると,テストの質がとても大切になりますよね。以下の引用部分を読んで,テスティングの勉強ももっとしなきゃなぁとますます反省…。やるべきことが多いですね,本当。

 

外国語テストの大部分が実際のコミュニケーションの言語内容を評価しないことを考えれば,大部分の生徒がL2でコミュニケーションを行えるようになることを目指して学習するという紛れもない事実とは裏腹に,コミュニケーション能力の指導は多くのL2の教室で無視されるようになる,あるいはこれまでどおり無視され続ける。(p.74)

 

異論のある方もおられると思いますが,このような側面も否めない気がします。現実的に可能な範囲で,テストでどこまでコミュニケーション能力を評価できるのかは,難しい問題ですよね。大規模にするとなるとコストも莫大だし…。もやもやはしばらく晴れそうにありません。テストについてお詳しい方,ご意見ある方はぜひお教え願えればと思います。

 

私は全体を通してこの本を興味深く読みました。関心のある方,生徒のモチベーションでお悩みの方はぜひご一読されてみるといいのではないでしょうか☆

 

ここからは自分の話です。

 

数日前にTwitterでも書きましたが,模試の結果を受けて管理職の先生と学年の先生とで成績会議とやらが行われました。具体的には言えませんが,全体としてまぁよくない結果でした。

 

その会議の途中で,「宿題を出さない子にどのような対処をするか」という話になりました。今も提出点を平生点として考査の点に入れているけれど,それだけじゃ不十分なんじゃないか,と。勤務校はコース制で,他コースでは以前宿題を提出しない生徒は放課後残してさせていたそうです。それもあって「残すのが確実」という論調で話が終わりましたが,本当にそうなんでしょうか?仮に残すようにしたら,まぁ生徒は出すでしょう。部活してる子も多いですし。でもそれって暗に「答写しても友達に見せてもらってもいいからとりあえず出せ」というメッセージにならないでしょうか?

 

そもそも,宿題や放課後に毎日している小テストについて,教員側がきちんと意義を見出しているのでしょうか。勤務校では「とりあえずやることを与えれば力がつくだろう」という古典的な詰め込み教育が未だに蔓延っていると思うのです。もちろんドリル的なものを与えて量を確保することは大切でしょう。でも,宿題が全部そればっかりじゃ,生徒も飽きたり意味を見出せなかったりするんじゃないでしょうか。発展的な課題を与えて,時間のある家でゆっくりさせるほうが効果的なことも多々あると思います。例えば英語なら授業で考えるミニスピーチの原稿を書くとか,その単元で新しく学んだ文法事項を自分なりにまとめるとか。

 

わーわー書きましたが,考えてここに書くばっかりじゃ何も変わりませんよね。実際行動に移してみないと。『動機づけを高める英語指導ストラテジー35』には課題(宿題)についての言及はありませんでしたが,少しでも生徒がやる気を持って取り組める課題を出せるよう,二学期からまた気合を入れて勝負しようと思います。

 

いくら本を読んでも,研修に参加しても,自分の授業や学校が変えられなかったら単なる頭でっかちですよね。言葉と知識での武装も大切ですが,せっかく毎日生徒と触れ合えるんですから,得た知識を使って反応を見てみたいと思います。で,願わくば母校でもある勤務校の英語授業を少しでもよくする,というのが私のちっちゃい野望です。

 

授業が始まったら,自分がしている取り組みの紹介をしてみなさんと情報交換できればなーと思います。初任で高2の担任ということもあって慣れるのに必死だった一学期を抜けたので,二学期からは学級での私なりの工夫についても書いていきたいです。

 

いつも長々とした文をお読みいただきありがとうございます。

ほぼ備忘録として書いているものを公開するのには恥ずかしい気持ちもありますが,ここまで来たら今後とも恥を晒して生きていこうと思います。よろしければお付き合いください♡

 

涼しくなったかと思えば再び蒸したり台風が来たりと,相変わらずよくわからない天気です。寒暖の差がある日もありますので,引き続きご自愛下さいませ。

生徒指導の範囲はどこまで?SNSとの付き合い方

こんばんは。

連日の更新すみません…。生徒指導がテーマの校内の教員研修でSNSについてのお話を聞いたので,備忘録として書きます。

 
全2日ある教員研修,今年のテーマは「生徒指導」でした。大きすぎる…と思いつつも初任者なので大人しくしてました。
 
1日目の今日は,
まず校長先生と生徒指導課長の先生から最近の生徒指導上の問題についてお話
6〜7人の小グループに別れて「社会規範を身につけさせるためにはどのような取り組みが必要か」といった曖昧なテーマについて討議
株式会社ガイアックスの方によるSNSのトラブルや学校側の対応例についての講演
という流れでした。
 
グループ討議に入ったところで,私のいたグループでは「服装やマナーは永遠のテーマ」として一旦横に置き,SNSについて話し合うことに。司会の先生にいきなり「じゃあまずSNSについて最年少のmaico先生からお話を…」と振られ,LINEやらTwitterやらFacebookやらについて説明。私より全員年上だった同グループの先生方はLINEのシステムがいまいち分かっておられなかったらしく,「無料なの?」や「1回送ったら連絡先知ってる人全員に送れるの?え,グループってそういうことじゃないの?」といった,私にしてみればかなり基本的なところから質問されました。
 
明日討議での結論について発表する場があるので,「外部の方に講師をお願いして生徒にSNSの危険性を周知する集会を開く」や「保護者の方にSNSについての注意を喚起する文書を送る」「携帯電話の使用時間や使用方法について客観的に考えるための機会(記名式アンケートなど)を設ける」などといった改善策をグループで出しました。
 
 
でも,その後の講演を聞きながらも思ったんですが,学校がそこまで介入するべきなんでしょうか??
 
 
確かにSNSなどの使いすぎで睡眠不足の生徒もいますし,友人間のトラブルも起こってます。でも,勤務校では学校内での携帯電話の使用を禁止しています。つまり,SNSなどに関するトラブルは全て通学時間を含めた家庭内での時間に起きています。勤務校は結構校則が厳しいので,校外補導や必要な際は電車内補導なども行っています。ですが,そういった時に違反している生徒を注意できるのは,制服を着て明らかに校則違反をしているからです。そうでないことについては正直関与のしようがありません。SNSも本来はそういう領域のものな気がするんですよね。「ご家庭内で起きたことはご家庭で対応してください」と書くと冷たいですが,それが基本だと思います。
 
ですが,保護者面談をしていると保護者の方に「ずっと携帯電話を持ち歩くんですが,何してるんですか?今の子はあれが普通なんですか?」と聞かれたり,「家に帰ったらひたすらパソコンに向かってるんです」と嘆かれたり,ご家庭で注意しても中々直らない様子が伺えます。
 
「家庭との連携を密にして,使用時間を制限しましょう。講演をして,メディアリテラシーを高めましょう。」と,言うのは簡単です。実行するのも多分難しくはないです。
でも,それで生徒が変わればこんなに問題視してないですよね。
本当は家庭内で何とかして欲しいけど,そうも言ってられないから学校でも多少は動く,というのが現状です。
 
すぐにすぐは変わらないけど,伝えていくことが大事なんでしょうか。トラブルに巻き込まれて嫌でも実感,なんてことにならないでほしいです。
 
まとめると,今のところSNSについては「基本的には家庭でご指導をお願いします。ただし,情報の共有はしますし,学校でも声掛けは行います」くらいの立場をとるのが無難なんでしょうか。無難って,あまり好きな言葉じゃないですけど。
 
 
余談ですが,生徒指導についての話を聞きながら,教科指導について考えていました。私たちは生徒に色々言います。単語を覚えなさいとか,音読しなさいとか。でも,する子はするし,しない子は頑なにしません。そこで諦めたら試合終了…ではないですが,しない生徒はそのままです。だからあの手この手で褒めたりタスクを作ったりしてさせようとします。結局は「本人が気づく」しか無いんですよね。素敵な英語の授業なら「楽しんでたらいつの間にか活動してた!」って状況もありえますが,ほとんどは生徒が「単語覚えたら英語読めるわー!」みたいな実感をして変わっていく気がします。(経験が浅いので勘違いかもしれませんが…。その時はコメントください)
それと同じで,生活指導も結局「気づくきっかけ」を与えるに過ぎないと思います。罰則を作って減る分も大いにあるでしょうが,頭ごなしに言うだけでは,教師の目の届かないところに行ったらすぐ変わると思います。
「きっかけ」が作れたらそこからは楽ですが,なかなか難しいですよね。なるべく怒らず,笑顔で言うこと聞いてもらえるようにするにはどうしたらいいのかなーと悩みつつ,書き終わります。
 
 
コメント,Twitterのメンション等いただけると喜びます。
人に何か意見を言っていただいて,それをきっかけに自分の考えが変わったり広がったりする感覚がすごく好きなので。
 
8月も残り2週間,できる範囲で頑張りましょう〜。
ではでは。

「教員研修」の謎

こんばんは。毎日暑くてビールが美味しいですね♡
 
今日は教員にとって切っても切れない存在である「研修」について思ったことをつらつら書きたいと思います。
 
研修について考えるようになったきっかけは大学時代の友達との再会です。1人は学部を出てすぐから高校で,もう1人は一緒に修士課程を出て今年から中学で働いています。どちらも公立勤務なので,初年度は2週間に1回程度は研修があるそうです。
 
久しぶりに会った友達と仕事について話して,とっても楽しかったです。授業の組み立て方について相談したり,最近勉強していることについて共有したり。こういうことが定期的にできる(少なくとも機会を与えてくれる)公立の研修はいいなぁと思いました。
 
私立である私の勤務校には研修というものがほっとんどありません。だから本を読んだり学会などに足を運んだりして,なんとか勉強しようと思っています。(※これを言うと「すごいねー!」という反応をしてくれる友達もいるのですが,全然すごくないんです。自分の授業に不満だらけだから仕方ないのです…)
 
そこで気になったのが,「公立の先生って研修でどんなこと勉強してるの?」ということ。Twitterでお尋ねしてみました。RTしてくださった方ありがとうございました。先生をしている友人に以前聞いていた内容と合わせてみると,教科に関する研修とそれ以外の研修に分かれるみたいです。
 
教科に関する研修の内容は指導案を書いたり模擬授業をしたりビデオに撮ったりと,実践的な感じ。一方の教科以外の研修では大学の教員養成課程で習ったようなこと(人権・生徒指導・法律などについて)の復習をしているようです。私も含め友達は教育学部出身者が多いので,どうしても復習に感じてしまうようです。Twitterで頂いたご意見の中にあったのですが,教育学部出身でない先生にとってはこれも大切みたいですね。
 
気になったのは友達の反応。手放しで研修をありがたく思ってるようには見えませんでした。これは他の友達にも言えることで,「まぁ楽しいよー」とは言っても「めっちゃ勉強になる!」とまでは言わないんですよね。なんでなんでしょう?人によっては「やたらとグループ活動が多い!県教委が出会いの場を提供しようとしてる」なんて反応も。笑
 
教育基本法の第九条に研修の必要性などが書かれていますが,まさかあれだけを拠り所に研修ばっかりしてるわけじゃないですよね??
そもそも,教員研修の目的って何?月に1〜2回集まって何してるの? 
 
研修に参加していない私には伺い知れないのですが,せっかく学校をお休みして参加させるなら,きちんと内容のある研修にするべきですし,強制全員参加ではなく参加すべき回数を決めて毎回希望者を募るような制度にしたほうがやる気も高まる気がします。無論,事務的な煩雑さは多少増すと思いますが。
 
やる気のある友達は自腹を切って県外まで靜先生の発音講座など受けに行ったそうです。県主催の研修に加え,自主的に研修に参加するとなると金銭的にも時間的にもかなり負担は高いと思います。
学会などへの参加補助があればベストですが,たとえそうでなくとも研修会(セミナーでも学会でも)への自主的な参加を県主催の研修参加1回とみなす,とかは難しいんでしょうか。
 
ここまでつらつら書いてきましたが,特に結論があるわけではありません。単純に「もったいないなぁ」と思ったので,自分の気持ちを忘れないように書きました。もちろん現状で「研修ありがたい」って人もいるとは思います。でもなかなか研修のあり方そのものについて考える機会ってないので,個人的に楽しいトピックでした。これを読んでくださった方の中で「こんな研修はためになったよ!」みたいなご意見をお持ちの方がおられましたら教えていただけると嬉しいです。
 
本当はいま一番興味があるのは「アクション・リサーチ(AR)」で,そのことについても書きたかったのですが…。近いうち書きます。
 
実は明日は勤務校での職員研修です。どんな内容だったかはTwitterでつぶやくと思います。
では,前回に引き続き長い割にまとまりのない文章をお読みいただきありがとうございました!

 

教員にとっての「研究」−全国英語教育学会に参加して思ったこと−

8月10, 11日に北海道の北星学園大学で行われた全国英語教育学会(http://www.heles-web.com/jasele_hokkaido/)に参加してきました。発表は中高の先生のものを中心に聞きましたが,白井恭弘先生のご講演や浦野先生・水本先生のワークショップ,「日本の英語教育の将来 ―小中高における英語教育実践と研究の接点を探る」というテーマで行われたシンポジウムなどに参加し,実りある 2日間だったと思います。懇親会を始めとする飲み会等でお世話になった先生方,ありがとうございました♡相変わらずあんな感じですみません…。
 
去年は大学院生だったので今の高校で非常勤として勤めながらの参加でしたが,今年は常勤として初めての学会参加ということで,去年とは違う見方が出来たかなと思います。
 
その中でずーっともやもやしたことが,「中高の先生にとっての『研究』ってどういうこと?」という疑問。「英語教育2.0 http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20130812
」でanfieldroad先生が分かりやすくまとめておられましたので,こちらを読まれればずっとスッキリすると思います(笑)
 
シンポジウムではテーマがテーマなのでしきりに「実践と(SLAを中心とした)研究をリンクさせればもっと日本の英語教育はよくなる!」という論調で話が進んでいましたが,そしてそれもよく分かるんですが,じゃあ小中高の先生が実践を発表しようとした時の形はどうあるべきなのかなーと。大学の先生が大学生対象にしている実験の対象を児童生徒にするだけじゃ意味ないよね,と。
 
乱暴な言い方ですが,研究(研究室)→実践(教室)ばかりを強調して,実践→研究という方向の矢印はあまり重要視されていないのかな,という印象でした。
 
シンポジウムの中で,入試・教科書といった諸要素を重く扱う
ような現場型リサーチをSLAの下位カテゴリーと考えてもいいという話も出ましたが,じゃあ実際そういうリサーチを行って発表するためにはどういう形式をとればいいのかな,と思ってしまいます。
 
修士過程を終えてこの春から高校で働き始めて,「あの本で読んだやつ取り入れよう!」と思いながら授業を作って上手くいったことはほどんどありません。生徒が2年生なので,英問英答での内容理解にしても音読にしても,「去年の先生はこんなやり方じゃなかった」だけでそっぽ向かれてしまいました。最近はさすがに私のやり方にも性格にも慣れてきたのか,多少やり方を変えても「なになに新作?」と言って興味を示してくれるようになりましたが,それでも本に書いてあるような素晴らしい授業には遠く及びません。
 
学会として「実践報告」の方法をまとめて提示してほしいな,という気持ちはあります。ガイドラインがあればいいな,と。
でもまずは教員が「考えながら授業をすること」に尽きるかな,と思います。授業は私たちにしか出来ないんですから。SLA研究の最新の成果,取り入れてみようじゃありませんか。インプットたくさん与えてみようじゃありませんか。それで上手くいったこと・上手くいかなかったことをデータや言葉でまとめることが,教員のできる1番身近な研究かな,と思います。自己を省みて,必要な時は研究の成果を活用して,日々の授業をよりよくしようと努める繰り返しです。
 
教員にとっての研究が「目的」ではなく,ある期間の「振り返り」というもっと取っ付きやすいものとして認知されたらいいなと思います。
 
学会で全国の先生方の前で発表して拍手をもらうより,生徒が一言「最近英語ちょっと楽しいんよね」と言ってくれる方が嬉しいかもしれません。でも,みんなが自分の前の生徒を見ているだけでは現状は変わらないとも思います。自分の小さな実践を積み上げて,いつかどこかで他の人の役に立つといいなと思いながら,授業も学会参加も頑張ろうと思います。
 
そもそも学会参加自体が難しいとか(この時期は部活のコンクール真っ最中…),同僚の先生からの理解が得られないとか,色々問題は山積みですが,まぁ今はできることを探しつつ,楽しみながらやっていきます♡
 
 
最初から長々とした文章をお読みいただきありがとうございます!
コメントいただけると,とてもとても嬉しいです。
その際はこちらか,同名アカウント(@maicolorful)でしているTwitterでお願いします。
 
暑い日々が続きますが,体調管理にはお気をつけ下さいませ*゜

 

ご挨拶*゜

はじめまして。

この度,かねてからしたいしたいと言っていたブログをやっと始めてみました。

(こんなに簡単なら4月から始めればよかった…!)

高校教師として思うこと,日々の授業のことなどをぽつりぽつりと書いていくつもりです。

性格上,一度書き始めると結構長くなりがちです。すみません。

よろしければ気の向いた時に読んでください♡